うつの診断は医師による問診も重要になってくる

うつ特有の詳しい症状

レディ

一日2~3時間の睡眠でゆっくり休息できる時間がなく、ごはんは手軽に食べられるおにぎりのみ。仕事をしながらこうした生活を続けていると、脳が疲労困憊になりホルモンの分泌が正常にできなくなります。すると体や心に症状が出始め、病院を受診してからうつと診断されます。一般的な治療法としては、抗うつ剤の服用と精神療法二つを使い、じっくりと休養を取ることです。これで症状も次第に落ち着いてくるでしょう。この症状は主に頑張りすぎる人に多くみられるもので古典的なうつの状態です。一方抑うつの場合、挙げられる原因はストレスです。定義は、自身が思い描くものと全く違うことが起こってしまい、体がそれに対して強いストレスを感じている状況を指します。わかりやすくいうと、前日までは友達と仲良く話しをしていたのに、翌日は冷たい対応をされたために「嫌われた」「何か悪いことをしてしまったのか」などの感情が湧き出てくることを言います。この時すでにストレスがかかっているため無駄に落ち込んだりちょっとしたことでイライラしたりなどの症状が出てきてしまうのです。抑うつは一般的なうつ病よりも診断される患者が多いといいます。特に学校や仕事場の人間関係では、色々なタイプの人間が集まるので、派閥や行き違いも生じるでしょう。心に耐久性がないと普通の人ならなんともない出来事でも、すぐに落ち込んでしまいうつからやがて抑うつ状態に陥るのです。

抑うつ状態から解放されるには、医師の問診や検査による診断後、考えを改める精神療法を地道に行うことです。この治療法で自分自身の考え方を改善していき、より柔軟な思考にもっていく訓練を繰り返します。治療にあたる医師は、専門的知識を沢山保有しているため、患者自身の性格を客観的に分析し、何が原因で抑うつ状態を引き起こしているのかを洗い出していきます。これにより患者ごとに的確なアドバイスができるようになるため、抑うつ状態を根本的に治すことができるのです。今はネットでもうつの診断ができるので、疑いがあるなら早いうちに発見できるようチェックは必ず行うべきでしょう。

Back to Top