うつの診断は医師による問診も重要になってくる

うつになりやすい人がいる

男性

発症要因は一つではなくいくつかあります。その中でクローズアップされているのが性格です。うつと診断された人の多くは、几帳面で真面目であることが共通します。また、仕事においては上司や部下、先輩の期待に応えようと頑張りすぎるため、ストレスに気づかずやがてうつを発症します。ただ、頑張る人ほど周りからの評価が高くなるので最初のうちは、達成感ややりがいを感じる一幕があります。充実感たっぷりで、仕事に生きている感がありますが、その裏では、ストレスで着実に心が蝕まれています。それらに支配されれば、うつはじわじわと近づき、最終的には非常に危険な状態だと診断されるわけです。うつになりやすい人の特徴に、完璧主義者も挙げられます。このタイプは仕事やプライベートにおいても完璧を求めすぎるため、自分に厳しく他人にも厳しいといえます。さらに足りていない部分を他で埋めようとするため、悪循環になります。

自己主張がない、または自分の意見を相手に伝えるのが苦手な人もうつ病と診断されることが多いようです。例えば、仕事で残業を頼まれた場合、本当は断りたいけど胸の内を言えずに結局引き受けるというのがあります。すると、ストレスで心がやられてしまい辛い出来事があると立ち直るのが難しくなります。共通して言えることは、上記に当てはまる性格は何事にも優先順位をつけられないことが深く関係しています。わかりやすく言えば、仕事の評価や同僚と上司の評価が判断の基準だと捉えてしまい、体と心が落ち着かず結局容量オーバーになります。なりやすい性格かもしれないと少しでも思うなら、診断を受ける前にセルフチェックをおすすめします。チェックすることでどのような人間なのかを客観的に知ることができますし、見直したことで頑張りすぎていたことを再確認できるでしょう。それがうつ病の症状を和らげる一つのきっかけになることもあるのです。

悪化させる要因とは

相談

うつの診断を受け、治療を続けても悪くなる一方なら悪化させる原因が他にあるかもしれません。その要因も一つではなく複数存在するのでうつ病の治りが悪い場合に目を通してください。

Read More

進行の仕方

葉っぱ

うつ病の始まりは心の不安定からです。落ち込むことが多くなったり明らかに前と違う感じだったりした場合は詳しい検査と問診の結果うつ病であると診断されることもあります。

Read More

完治にかかる期間

悩む人

うつと診断を受け、医師の指示のもと治療を続けているにも関わらず、前のような状態に戻らないと悩む人も少なくありません。この時、本当に完治するのかと不安が押し寄せくるでしょう。完治する期間に関しては個人差があります。

Read More

うつ患者の数

カウンセリング

メディアでは、心の風邪と呼ばれるうつも、現代社会で生きるすべての人ならうつを発症してもおかしくない状況です。診断された経験を過去に持つ人も、再発防止に努めているところではありますが、患者の数は年々増加傾向にあるようです。

Read More

うつ特有の詳しい症状

レディ

一つにまとめたいところですが、うつ病には抑うつとうつの二つに分類されます。最も多いのは抑うつ状態で、うつ病よりも倍になるといわれています。主な症状を挙げているのでぜひ診断に使ってください。

Read More

Back to Top